アクセスカウンター

  • 570本記事閲覧者数   👀💡:
  • 8今日の足あと    🦶💮:
  • 5997サイト訪問者数(累計)🦶💡:

python プログラミング

python仮想環境構築(for Mac)

更新日:

 

どうも、solobochiです。

 

2019年に入ってからというもの、休日は割とpython触ってます。
といってもまだ簡単なサンプルコードをなぞるだけですが。

 

で、先日、
python仮想環境の構築をしたので、備忘も兼ねて残しておきます。

 

目次

  1. 概要
  2. 手順1 VisualStudioCodeのインストール
  3. 手順2 VisualStudioCodeのセットアップ
  4. 手順3 Mac OSでpython仮想環境の作成
  5. 手順4 仮想環境内にライブラリをインストール
  6. 手順5 作成した仮想環境を適用させる
  7. 手順6 サンプルソースで疎通

4/1更新 ソース部分をCrayon Syntax HighlighterでUpdate

 

 

メモ

正直、ググれば楽勝だろ、と思っていたけど意外にハマりました・・・・

 

 

 

では、早速。

 

〜python仮想環境構築手順〜

 

まずは私の環境から

使用環境

  • Macbookpro(macOS10.14.2)
  • python3.6.6
  • VisualStudioCode1.30.2


補足:pyenv、virtualenvで構築しました。
   anacondaは使っていません。
  (厳密には、anaconda使っていましたがtensorflowが使えなかったのでやめました。)

 

●やりたいこと

 ・pythonの仮想環境を作る

 (どういうことか?)

  ⬇︎

 

step
1
ライブラリをインストールして
各種ライブラリのimportが正常に作動することを確認する
※import numpy、import pandas、
 import tensorflow、import keras  


step
2
Visual Studio Codeでpythonのソースをデバッグ可能にする

 

  ⬇︎


 すると、、、

 

  • Macbookproで、
  • VisualStudioCodeを使って、
  • pythonの開発を実行することができる

 

 = python仮想環境(開発環境)の構築が完了する!!

 

 

ということで、、

 

<手順1>VisualStudioCodeのインストール

以下のページからインストール

https://code.visualstudio.com/

 

<手順2>VisualStudioCodeのセットアップ

2−1 pythonの拡張機能追加

 

2−2 日本語の拡張機能追加

 

2−3 pythonインタープリタの設定(後述)

2−4 settings.jsonの設定(各種ユーザ設定、後述)

 

 

<手順3>Mac OSでpython仮想環境の作成

3−1 brewのインストール(pyenvインストールのため)
   (brewとは、Mac OSにソフトをインストールパッケージ管理ツール)

   https://brew.sh/index_ja

 

3−2 pip3のインストール
   (pythonのパッケージインストールツール。
    pipがpython2系、pip3がpython3系。今回はpython3.6.6を用いるのでpip3)

 

3−3 Mac OSで仮想環境用にディレクトリ作成
    ※どこでもいいです

 

3−4 pyenvのインストール、bash_profileの設定


   パスを通す
   ※以下をbash_profileに記述する 

 

3−5 virtualenvのインストール

 

3−6 pythonのインストール(いよいよ!)

    pyenvでバージョンを指定してインストールします。
    最新はpython3.7でしたが、python3.7ではtensorflowが使えないため、
    python3.6.6をインストールします。
   (私はこのことになかなか気付かずここで結構ハマりました・・・)


    ※特定のディレクトリだけデフォルトに設定する場合は、
    cd xxxxx(特定のディレクトリへ移動)

 


3−7 virtualenvで仮想環境の作成(いよいよ!その2!)


 

3−8 仮想環境の起動・停止

   ※仮想環境を削除する場合は、

 

<手順4>仮想環境内にライブラリをインストール

4−1 numpyのインストール


 

4−2 pandasのインストール


 

4−3 tensorflowのインストール


 

4−4 kerasのインストール


 

4−5 scikit-learnのインストール

 

<手順5>Visual Studio Codeに作成した仮想環境を適用させる(上記の2−3、2−4)

5−1 Visual Studio Codeの左下、もしくはFunc + F1ボタンから、
    Python:インタープリタを選択
    →今回作成した仮想環境を選択する

 

 

 

 

5−2 ユーザ設定から、pythonのパスを指定
    python.pythonPath =  〜.pyenv/versions/env1-py3.6.6/bin/python"

 

 

 

 

<手順6>サンプルソースで疎通

 

こちらのファイルを実行して、

Hello

とターミナルに表示されれば無事疎通完了です。

 

 

★詰まったポイントについては、改めて別記事で。

 

以上

⬇️他にもよく見られている記事⬇️

最も訪問者が多かった記事 10 件 (過去 7 日間)
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

solobochi

気づけば社会人10年目のアラサー。 いつのまにかまわりが結婚→出産→マイホーム、と順調に”しあわせ家族計画”を進めていくのを横目に見ながら、ふと人生見つめ直し、、、結果、絶賛模索中の日々🐠🏃‍♂️----------------- 学んだことのアウトプットや、日々つらつら思うことを整理して残しておくような雑記ブログ(にするつもり、、、、)(as U like / as I like / write freely)-----------------ただし如何せん不器用で、1つ1つ丁寧に積み上げていかないと理解できないので学習は遅い😓-----------------2018年東大松尾研DeepLearning講座受講。 2019年度データアントレプレナーフェロープログラム参加中。

おすすめ記事

1

  はじめまして solobochi(そろボチ)です。   生まれも育ちも東京で、大学も会社も東京です。ずっと東京にいます。 社会人になってボチボチ約10年。 バリバリの文系ですが ...

2

  どうも、solobochiです。   2019年に入ってからというもの、休日は割とpython触ってます。といってもまだ簡単なサンプルコードをなぞるだけですが。   ...

-python, プログラミング
-, , , ,

Copyright© そろボチ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.