アクセスカウンター

  • 1307本記事閲覧者数   👀💡:
  • 62今日の足あと    🦶💮:
  • 16421サイト訪問者数(累計)🦶💡:

資格取得 プロジェクトマネジメント

PMP無事合格!(その3〜勉強方法〜)

更新日:

 

どうも、solobochiです。

 

 

先日、PMP試験に無事合格しました。

振り返り記事のPart3です。

 

(Part1、Part2はこちら👇👇)

 

Part1(試験までの準備概要)

PMP無事合格!(その1ー試験準備概要ー)

 

Part2(試験当日の話)

PMP無事合格!(その2)

 

目次

  1. 受験の動機/経緯
  2. 勉強の流れ(1回目)
  3. 勉強の流れ(2回目)
  4. 結論

7/13更新 Update

 



 

受験の動機/経緯

(今更ですが、Part1、Part2でも受験の動機について書き忘れたので。)

私は10年間SIerでSEとして、PMとして、勤めてきましたので実務としてプロジェクトマネジメントは実施していました。

5年目の頃からはそれなりに大規模なプロジェクトで、規模で言えばコンスタントに100人月以上、ここ3年はコンスタントに1000人月の、ピーク時プロジェクトメンバ100名以上とともに仕事をするような、売り上げ面で言えば当然1億以上の、いわゆる大規模プロジェクトをいくつも経験してきました。

ただしその一方で、プロジェクトマネジメントについて、知識を体系的に学ぶことはほとんどしてきませんでした。

加えて、当時はちょうど仕事が落ち着いていた時期で、2年目からひたすら全速力で走り続けてきましたため新人以来と言っても過言ではないくらい仕事に余裕があって、こんなにいい機会はなかなか無いと思い、勉強に時間を費やしました。

あとは、昇進のための加点査定となるので。(実際これがいちばん大きい動機かも。。)

また、PMPの前にIPA(情報処理推進機構)の高度情報処理技術者試験のPM(プロジェクトマネージャ試験)に合格していたので、それに比べれば易しいだろうと軽く考えて勉強を開始しました。(余裕こいてしまっていたので、一度不合格になりましたが・・)

 

 

勉強の流れ(1回目)

正直初めは余裕だと思っていたので、

・問題集(虎の巻)

・問題集(ターゲット)

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274215285/

https://books.rakuten.co.jp/rb/12712867/

 

これらの問題集だけやっておけば、あとは選択式だし余裕だと思っていました。

 

 

で、しっかり落ちました。

勉強していた問題と同じ問題は全然出ず、試験中は焦りまくり、パニックでした。

ほぼほぼ全てのセクションでBelowだった気がします。

 



 

 

勉強の流れ(2回目)

1回落ちたので、もう諦めようかとも思いましたが、多少なりとも勉強した下地があるうちに

次こそ絶対に合格する!という気持ちで、完全に気持ちを切り替えて再出発しました。

前回の勉強ではPMBOKはあくまでも参考書程度で、問題集でわからない単語が出てきたときや

正確に解釈したいときなど、限定的な使い方をしていました。

ですが、いろいろと調べていくうちに、一つの真理にたどり着きました。

それは、、、

 

PMPは、PMBOKの思想やPMBOKに基づいた考えができるかを測る試験である

PMPは、PMBOKガイドから出題される

PMPは、受験者のPM経験を聞いているのでは無い

 

というもの。

(3つになってしまいましたが)

 

ということで、

PMBOKを頭から全て読み、頭に叩き込むことにしました。

なおかつ、次のプロジェクトが始まってしまう関係で、次回試験日まであと1ヶ月。

もう必死で、線を引き、紙に書き、必死に覚えました。

監視コントロールプロセス

 

ステークホルダーマネジメント

 

青ペンで書いて覚えるスタイル

 

リスクマネジメント

 

品質マネジメント

 

知識エリアとプロセス

 

 

週末にファミレスにこもって1日中勉強する日々でした。

平日はファミレスにはいけないので、睡眠時間を削って勉強。

 

 

その結果、2回目の受験で、無事に合格することができました。

 



 

結論

結論、おすすめの勉強法(もう1回受けろと言われたら初めからこの方法でやる)としては、以下の通りです。

 

🔸まずはPMBOKを頭に叩き込む

👉知識エリアとプロセスを体系的に整理して覚えること

👉プロセスのインプット・アウトプットを理解し覚える  ⬅️これめっちゃ重要です

👉プロセス間の関係性

👉知識エリア内のみならず、異なる知識エリア間でアウトプットを受け渡すプロセスもあるので
そこもしっかりと抑える

 

🔸次に、問題集でアウトプット

👉できなかった、判断に迷った問題、関連する知識エリア・プロセスは覚え直す

 

🔹最終的に、知識エリアとプロセス、各プロセスのインプット・アウトプットを何も見ずに
書き出せるところまで体系的に整理して覚える

↪︎ここまでできれば受かります

 

 

 

では、これを読んで今後もしPMP受験される方がいれば、是非頑張ってください!

 

 

 

 

 

以上です

 

 

 

 

 

 

 

⬇️他にもよく見られている記事⬇️

最も訪問者が多かった記事 10 件 (過去 7 日間)
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

solobochi

東京生まれ東京育ちのアラサー男子。 新卒で某大手IT企業へ就職してがむしゃらに働き気付けば10年。 周囲からの信頼や関係性と給与待遇の良さを主なモチベーションにしてきたが 管理職となり任せられるポジションが上がるに伴い忙しさも増していき 自己研鑽もできずろくにスキルはつかないまま社内政治力だけが伸びる日々。 一方で気がつけば同期・後輩たちは次々に結婚し、家を買い、子供をつくり、 順調に、古き良き伝統通りの”幸せ”を手に入れていくのを横目にふと人生を見つめ直す。 このままではまずいという強烈な危機感から悩んだあげく会社を休職。 ・使命に生きたい ・好きな人たちと好きなことで生きたい これを人生掛けて実現すべく、人生模索中の日々。 見た目は年をとっても中身はいつまでも大人になりきれない。 いろいろ妥協し飲み込み丸くなり安定した大人より不安定なままでいたい。 最適化することが好き。PDCAを回しているときが好き。

おすすめ記事

1

  どうも solobochi(そろボチ)です。   生まれも育ちも東京で、大学も会社も東京です。ずっと東京にいます。 社会人になってボチボチ約10年。 バリバリの文系ですが、10 ...

2

    どうも、solobochiです。   2019年に入ってからというもの、休日は割とpython触ってます。といってもまだ簡単なサンプルコードをなぞるだけですが。 ...

-資格取得, プロジェクトマネジメント
-, , , ,

Copyright© そろボチ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.